ひみつ工場の非日常

【心から拡散を希望します】

新型ウイルスの騒ぎが日々大きくなり。イベントの自粛、学校の休校、呑み会などの集まりも自粛要請が次々と起きています。
今、街を行商すると、出会う仲間(自営業主)と同じ会話を繰り返しています。
「いつまで続くんだろうか」
「先がみえない」
「このままでは。。。」
ぼくら自営業には保証はありません。自粛しても自粛されても、休校があっても、有給もありませんし、助成の話もありませんし、その損失は誰も補填してくれません。ただただ、お客さんだけが、ぼくらの生業を支えてくれていて、だからこそ、そのお客さんにいい商品やいいサービスを提供して生業を営んでいくのがぼくらデス。でも、イベントも自粛。自粛騒ぎで店にも人はこない。。。ぼくらは1日1日追い詰められていっています。
街をチキチキ5(リアカー)で流して歩きながら、どうにかならないかってずっと考えてきました。ぼくは街の隙間で生業を営んでいます。みんなが生きていけるから生きていける。。。そのことを行商という仕事はとてもとても感じる仕事だからかもしれません。
「人が来てくれないなら、人を集められないなら、送るしかないヨネ」
結論はそこでした。ちゃんちき堂は通販サイトを持っています。今、うちの店はこの販売チャンネルに支えてもらっています。
自宅にいることが多くなっているみなさんが、自宅でも楽しみたい。そのアイテムの1つ。
映像を観たり、何かを読んだり、そして好きなものを食べたりってことがあるんだと、ひしひしと感じているんです。
だから、この機能をイロンナ事業者さんに提供できたら、イベントもない。お店にも来てもらえないっていうお店にとって、少しだけでも助けにならないかって思っているのデス。
なので、うちの通販サイトを使って、ぼくが日常的につながりがあって、信頼している方だけにですがオープンにして、こんなサービスをまずは一か月やってみることにしました。
①ちゃんちき堂にて、「勝手にセレクトセット」を作ります。
通販機能はもってないけど、ぼくがすっごいいい!って思っている商品をもってるお店さんに声をかけて作りこんでいます。こうやって通販サイトをもっているところが中心になって、関係のあるお店のいいものでセットを作って、みんなでいいものをお客さんに届けるって動きが広がらないだろうか。
今、その事例を作りたくってセットを準備しています(11日-水、公開予定)。
②通販で販売するものがない飲食店や美容関係やのお店も、自分のお店だけで使えるクーポンを販売することも可能だと思うのデス。そうすれば今は自粛って言われているから行けないけれど、いつか行きたいよってお客さんが先取りでクーポンを買ってくれるかもしれません。こんな感じってイメージがわくようにお願いした数店舗のお店のクーポンをうちのサイトで販売開始します(15日-日、公開予定)。
できるだけの拡散をちゃんちき堂はやっていきたいって思っています。
こんなことができるヨっていう事例も作っていきたいと思いマス。
うちのサイト、うちの顧客情報が絡むのでどうしても範囲は狭くなっちゃいますが、このサービスで実績が詰めれば、今は動いてくれなくても、より公共性の高いところでより多くの自営業者に向けて同じことが始められるかもしれません。そうすれば参加店舗のすそ野は増やすことができるんじゃないかと。
そうなっていって、イロンナお店の商品やサービスやクーポンが少しでも売れて、困窮していくぼくらが、やっぱりお客さんに助けられて一息つけたらイイナって思っています。
ですので、そのために、この記事を読んでくださっている方にお願いです。
どうか、この記事の拡散を手伝っていただけないでしょうか。
そして、今後公開予定の、こんなこともできる、あんなこともできるっていうぼくらの意思表示もまた見守っていただき、記事がオープンになったら拡散していただけないでしょうか。
そしてそして、もし、購入していただいたら、その感想とかも含めて拡散していただけないでしょうか。
ちゃんちき堂からのお願いデス。
この騒ぎがおさまったその時に、誰一人こぼれることなく、乾杯ができるような小さな一助に。
ぼくら1人1人の自営業の1つ1つの商品やサービスに魅力を感じていただけるようでしたら。
どうか、よろしくお願いします。

関連記事