ひみつ工場の非日常

【ちゃちゃっと鶏舎を立てて、鶏さんを救出しちゃおうプロジェクト!】2日目!

今日は朝から週末のイベント。。。oricに向けた仕入れや準備に午前中かけつつ。。。最低限必要な資材を買いあさって、まずはころんへ。
ころんで仕入れの品々を降ろしつつ、使えそうなのかなぁ。。。っていうとたんやなんかを積み込んで次は寓さんの大家さんのところにおじゃまデス。
鶏さんハウスに一番重要になる!?金網をいただいて、ついでに6枚くらいかな?トタンをいただいて四恩幼稚園へ。

トタンを降ろし

て一息ついたら、明日の運動会の練習で華やかな園庭?には背を向けて、一人本堂の床下に潜り込みました。
だって、この前見た時えらいイロンナものがあったような気がしたんだもん。
「お、これは使える」
「ん、この山はなんなんだ?」
「お、これなんだろ?」
床下っていうのは冒険心をくすぐる成分が含まれているのだと思います。
ただし、同量の埃を含んでいますが。。。

汗だくになって使えそうな資材を外に運び出したころに四恩幼稚園の職員さんが手伝いに来てくださいました。
ありがた!もう埃いや!
ってことで、箒で埃を払ってもらって裏園庭にもってきてほしい旨を伝えて、裏園庭に行くと大工さんが昼休みを利用して作業しに来てくれていました。ありがたや。。。
そのまま柱を一本もってまた現場へ。

お見送りが終わったころにりょうさんが鶏さんの砂を運んできてくれました。
それを流し込んで、もう一回お願いしつつ救出した材から壁材を何枚か作っておいて、もう一度砂を置きに来てくれたりょうさんと一緒に砂おろし、そして二人でマッキーさんのとこに行ってきました。

マッキーさんも事情を説明したら、どれでも必要な資材を持って行けといっていただいて、遠慮なく垂木を中心にたくさんいただいてきました。

ン~、なんか工事現場みたいに材が増えてきたぞ!
こきゃ、明日行けるくらいの材が集まったんじゃない?
一人でほくほくしていたら、大工さんが現場を終えてまた来てくれて、雨が本降りになるまで二人でしっかり構造部分を仕上げました。
ちゃんとした材料がない中。
時間も予算もない中。
最後まで付き合っていただいて、写真は真っ暗で撮れなかったけれど、すごいしっかり丈夫な構造物ができました!

よし、明日もがんばっていこ~。
明日は朝から一日かけて、出来上がった構造物に屋根作ったり天井や壁を作ったり。
あ、網も貼らなきゃ。
あ、ドアも作らなきゃ。
明日も大忙し!そして、明日、最後に残った鶏さんを引き受ける日でもあります。
それまでに形にするぞ~。がんばろ~。

関連記事