ひみつ工場の日常

外せないメニュー「ハニココシフォン」

whiteday

データを片づけていたら、ハニココのバナー(上図)を見つけました。

今やすっかりレギュラーメニューとなった「ハニココ・シフォン」

青梅市の隣、羽村市内にある、中車水車小屋さんにランチを食べにいって、出会ったハニココ。

はじめてシフォンに入れて焼いたとき、甘味料だけの力でここまで生地がかわるのか!とびっくりしました。

知り合ってから数年。今も中車水車小屋さんからハニココを卸してもらって、ハニココシフォンを販売しています。

 

 

○ヤシの木のお花の蜜を煮詰めた糖蜜です
○和三盆のような風味です
○羽村の水車小屋さんから分けてもらっています
○ココナッツは入っていません

 

ハニココをご存知ないお客様には、こんな説明をしています。

たまに、お客様で糖分の摂取に制限があるとおっしゃる方がいらっしゃいます。でも甘いのが食べたくて来たんだ~と。

その場合は、

「ハニココはミネラルも豊富で、体への吸収もゆっくりされるので血糖値が急激に上がったりもせず、体にも優しいですよ」ってお伝えすると、喜んでいただけます。

このシフォン1.5ホール分のハニココで、インドネシアの子ども達の1か月分の学費になるそうなのデス。

 

通信販売はこちらから

 

シフォンネット販売

関連記事