季節限定シフォンメニュー

戦国時代の“杣保の宴”

今日明日は、ひみつ工場のすぐ近く、塩船観音で、

戦国時代の“杣保の宴”

が行われます。

ここへ越してきて、10年くらい。夜にライトアップされて塩船観音ははじめてです。

このイベントには、ちゃんちき堂と空堂の両方が出店させてもらうことになっていますが、

突然主催者から、

「戦国っぽい感じになりますか?」

・・・・・シフォンっす。洋菓子っす。

 

こりゃ困りました。

もう日もそんなにないし、販売時の恰好も戦国風に、とのご要望。

恰好はまぁいつも通りでいいだろうと(法被と足袋。戦国?)

で、シフォン。。。。悩む。

戦国といっても、楽市楽座の時代・・・

座商人の特権や市場税を廃止し、城下町の繁栄をはかる経済政策

華やか、祭りっぽい?お酒?

おっ。

今絶賛売り出し中の酒粕シフォンに、八重桜を乗せたシフォンにしよう!ってことで、

急遽決まりましたが、

上からの見た目はプレーン汗

facebookで奇妙な盛り上がりを見せたコメントの中に

「戦国っぽいシール貼ればいいじゃん」

というアドバイス。

結果。

楽市楽座シールを作り、酒粕八重桜シフォンに貼ります。

この2日間のみの販売です。

ぜひお楽しみください。

 

 

関連記事