新メニュー

抹茶小豆のシフォン復活デス!



今月から抹茶小豆のシフォンが復活しました!

抹茶は狭山の抹茶。狭山で唯一抹茶を生産されている明日香さんのお抹茶デス。

お茶の生産では有名な狭山だけれど、抹茶はずっと生産していなかったのです。その中で新しい狭山茶の可能性を探って抹茶を始められたのが明日香さん。

最初はなかなか認められずに、イロンナ試行錯誤を繰り返し、今では埼玉県内外の茶道家に愛されるようになっているそうです。埼玉周辺のお饅頭やイロンナ商品にもここのお抹茶が使われるようになりました。

そんな物語のお抹茶をちゃんちき堂でも使わせていただけることになりました。

 

そして、小豆はぼくの地元の北海道の小豆です。
いつも、安心できる食べ物を送ってくれる会田商店さんにお願いして、手に入れました。

お抹茶で作るシフォンは緑が鮮やか!
口に入れるとほろ苦い抹茶の風味と、お豆の食感が残るように茹で上げた小豆がほくほくします。
そんな和風のシフォン、楽しんでもらえるといいなぁ。。。

 

なので、今月の定期便は抹茶小豆のシフォンをお送りしますね~。

追記:
抹茶小豆のシフォンには1ホールあたり4gの抹茶を使用しています。
1カット単位だと0.5gです。
静岡同様、狭山も放射能被害がありました。それは青梅のぼくも一緒です。その現実に食べ物に携わる生産者は向き合ってきていると思いマス。
それは地方行政も一緒。
現在の狭山茶の取り組みは県のホームページに公開されていますので、そちらのリンクを貼っておきます。
埼玉県のホームページ

関連記事