新メニュー

バレンタインもねじさんのスペシャルマンデリン!

青梅には「陰」、そして国分寺には「陽」があるお店。

ねじまき雲さんデス。

cafeころんでもねじさんの珈琲豆を使わせてもらってマス。

「この珈琲おいしいわね~」

「青梅に焙煎してくれているお店があるんですよ」

なんて会話が生まれる珈琲豆。ぼくら素人でも美味しい珈琲を淹れられるように指導までしてくれて、そしてぼくらが淹れてもこんな会話が生まれるパワーを秘めたねじまき雲。

そんなねじさんのマンデリンシフォンはちゃんちき堂のシフォンの中でもいつも人気なんだけど、去年のクリスマスに限定で発売した「ねじさんスペシャル」はいつもの倍のマンデリンを使ったシフォン。

ちゃんちき堂では挽けない微細に微細に挽いてもらったマンデリンはお湯を注ぐとフィルターからしみだしてくるほど微細な粉末になっています。

作ってすぐにオーブンに入れないと、メレンゲの泡をどんどん消してしまって行く不思議な珈琲の粉。

焼きあがったシフォンは漆黒で、とてもシフォンケーキにはみえません。

ホールから外す時の感覚もなにやらシフォンケーキとは一線を画すような感触を覚えます。

01271050_510487f753cd4

 

そして、おいしい……

手前味噌ながらというより、ねじさんの珈琲の力だと思ってるから書くのだけれど、おいしい……

ただ、シフォンなんだろうか?いつもそう思って焼いています。

濃い珈琲の香り、味、でも苦みというより甘みを感じる。なんだか濃厚な蜂蜜やブランデーのような感じがするような物体が出来あがるのデス。

 

あまりのパンチと異質さで、とてもレギュラーメニューには出来ないけれど、だからこそ、とても特別なシフォン。

 

年に2回しかやらないこのシフォン。今年もこのバレンタインでお届けします。

そして、次はクリスマスまでありません。

 

そんな「ねじさんスペシャル」でバレンタインを過ごしてみませんか?

発送は2月の13日or14日ターゲットでお送りします(ご指定日がありましたら備考にお書き下さい)。

ハートの形でお届けしますが、もちろん通常ホールでも可能デス(その際には備考にお書き下さい)。

ひみつ工場でも、cafeころんでも予約を受け付けています。

ご予約の際に必要な日にちを教えて下さい。

 

それでは、バレンタイン限定、「ねじさんスペシャル」楽しんでいただけるとうれしいデス。

関連記事